難産

  • author: noriko0218
  • 2014年02月25日

今日はひとつ質問があり、
準耐火構造の保育所の改装で建具を
別素材に入れ替えてもダイジョウブ?というもの。
(ワタシは違う部署で・・・その・・)
うー、S造って、箱物は机上でしか知らない。
あーでもないこーでもない。法令集の見方から指導。
なんというか、
よう出る問題のひとつで、
『~を準耐火構造とした。』○か×か?
を見ているようでした。

あんまりになってくるので
最寄の機関へ。

結果はOK。ついでに法的根拠を聞く。
何でわざわざ準耐?
特建の保育所ではないが(2階建て300㎡未満)
児童福祉法で準耐火仕様に引っかかる。(2階に保育室)
もしかしたら、屋内消火栓つけたくないたが為に
消防法でもひっかかってるからかもよ・・。って・・・×3緩和か・・。

でも懐の隔壁は準耐火構造でしないとダメ。
類焼を防ぐ義務有り。(法114条第2項)
あー、児童福祉施設って書いてあるわー・・・。

良く分かりました。もちは餅屋だー。さすがだセンセイ。
ワシもオールクリアで理解できた。よしよし。

なんとかイケそう。
見積もり進めれそう。
ワシでもちょびっつ役に立つ。
今日はまぁヨシとしよ。

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲