あいほん

  • author: noriko0218
  • 2014年02月09日

音声をかなりきいています。
今年の軸は音声と年度別問題集(の赤書きマーク)
とにかくひとまずGWまでこいつらで引っ張ります。
あいほん買ったんで、ソコにも音声落としてみました。
コレであ、忘れてもた!を無くします。
まぁ軽いのはipodなんでこっちかなーとは思うんですが。

今週から問題集は
H24年度へ 。
とにかく頻繁にグルグル解く。
スピード感持って、解ける時に、必ず。

今年受からないと、
もう次が本当にないのです。

赤い目隠しノート買いました。
コレでどうしても覚えられん問題の枝を
つぎ込んで単語帳状態に。

後はmichiネェの受け売り、チラミメモ。
こいつを仕事机の片隅に常備することにした。ww


週末
ochaニイさまから2013年度の
道の建築士会発行の解説書が届く。
アリガタヤアリガタヤ。
コレで耐震改修法の新法はなんとか触りが分かるはず。
ちょっとの影響も法規と構造は逃したくないです。

それにしても、施工、忘れすぎや・・。

JASS5
コンクリートの湿潤期間

早強ポルトランド 3日 5日
普通コン      5日 7日 
他                            7日  10日

とか。

あとは重ね継ぎ手(圧接も同様)
の時はコンクリの設計強度はうちの平均
21N/mm2を基準で考える。
(するとコレも基準のSD295Aで行くから)
40dから強度と種類で5dづつ増やして行く。

覚え切れてないものを
ひとつづつ。
はぁ多すぎ。サボりすぎ。

 

この記事へのコメント

ゼーハーゼーハー
息切れが聞こえてきそうですね^^;
その息切れがなくなって力がついた7月には
学科突破!!p(^^)q ですね

1. Posted by wo-maw 2014年02月10日 00:32

昨年暮れの編集なんで2013年度になってますが今年用の最新版です
こちらの大手の設計事務所もゼネコンも役所の方も民間審査機関の方もみなさんこの本を片手に仕事してます(本当です)
ですのでこの本のここに出ていたというと話がとても早いので助かります。建築士会の担当者に伺ったところ東京建築士会でも注目されている様子で同様の本を発刊してほしいと要望があるみたいですが制作者は北海道だけに限定したいと断っているとのことでした、
あと試験に出題されるのは2013年12月31日までに施行される箇所ですのでお間違いないようにお気を付け下さいね
当然実務では今年からの施行条文に要注意ですね

2. Posted by ocha 2014年02月10日 13:33

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲